カテゴリ:私刊本( 26 )

さて、次回作は『おとなりさんのねこ』(仮題)です。
c0193528_21561638.jpg

by hontokami | 2015-04-19 21:55 | 私刊本 | Comments(0)

お待たせしました!

思わぬハプニングが紙屋さんとの間にあって、お待たせしてしまいました。
今日中に発送します。

今回はコデクス装、表紙は明治時代の雰囲気を出すために
地券紙をつかってみました。
本文の余白のとりかたもクラシックな寸法をとりましたので
余白のおおいところはメモのための空間と思ってください。

いつもそうですが、自分の作っている本はどなたにも寄贈していません。
もらう方にご迷惑をかけてしまうと思ったからです。
このブログをみて直接ご注文されたかたにのみ発送しております。

今回は13人です。
コツコツと作るには10冊前後が限界かなと思います。

(もし気に入らなかったらご遠慮なく送り返してください。本当に遠慮しないでね。送料は負担します。
もし気に入っていただけたら、次回もご案内さしあげます)
 
c0193528_11321733.jpg

by hontokami | 2013-07-24 11:32 | 私刊本 | Comments(0)

白い本・あまやどり1

c0193528_1458991.jpg

岡本かの子著 『鮨・鯉魚』

好きな作家・作品をシリーズで作っていこうと思っています。
最初の1号は 岡本かの子の二つの短編を収めました。

5冊限定
大きさ 8×11㎝ 見返しー里紙・雪ー
本文はアンカット 112p 
c0193528_14584843.jpg

by hontokami | 2013-05-29 14:58 | 私刊本 | Comments(0)

内山幸夫 『抑留』

11月29日に88歳の誕生日を迎えられます。
それに間に合うように、内山さんにお渡しすることが出来ました。

この本を持って、息子さん夫婦と一緒に舞鶴に行って来るそうです。

c0193528_16481084.jpg

by hontokami | 2012-11-06 16:48 | 私刊本 | Comments(4)

余白

今回の『抑留』の製本でちょっと工夫したのは余白の取り方でした。
ページから下の部分を思いきって広く取りました。
画文集なのでその広い余白に手を置いてゆったりした気分で
ページを開いていただく、というねらいです。

本の大きさは19×26㎝ ページから下の余白は7㎝あります。

c0193528_8214059.jpg

by hontokami | 2012-11-05 08:21 | 私刊本 | Comments(2)

先生、表紙を作っています。
納入は昨日なのに、言い訳をして1週間ほど延長させてもらっています。
あと20冊かな。日本シリーズを観ている余裕なんてありませんよ。
c0193528_1711847.jpg

c0193528_1715660.jpg

c0193528_17235100.jpg

c0193528_173125.jpg

by hontokami | 2012-11-01 17:03 | 私刊本 | Comments(2)

本の余白

ウイリアム・モリスが『理想の書物』でつぎのように言ってます。

   書物が最初に現在のような形態をとるようになったときから十六世紀末、
   いや、もっと近年に至るまで、ページ上の版面は、余白をページ上部(天)
   と内側(地)と外側(前小口)でより広く取るように組まれた。
   本の単位が見開き2ページとして考えられていたからである。
 

本屋さんでそんな余白の取り方をした本をさがしても見当たらない。
そこで、いま作っている文庫本サイズの本を モリスが言うように余白を取ってみました。

文庫本に見慣れた印象ではちょっと横長のように見えます。
本文は上に寄っていますが、次のページになめらかに移っていき、
前小口と地の広さが書物にゆったりとした印象を与えているように思います。

c0193528_11335184.jpg
  
by hontokami | 2011-12-08 11:34 | 私刊本 | Comments(2)

完成見本(変な言葉ですね)です。
これから著者とタイトルの書体、絵の位置、用紙用紙の種類と色など
大切な部分を相談して製本に入ります。 

あとから「ここんとこが……」などということがないようにしないとね。
(でもあるんだな~、キット 恐ろしい)

原稿をいただいて、もう1年、やっとここまで来ました。
大きさは文庫本と同サイズ、全80ページ 50部の限定 750円です

これが終わったら、また1冊本作りに入り込みます。

c0193528_5571775.jpg

by hontokami | 2011-08-11 05:57 | 私刊本 | Comments(3)

「幸せの黄色い万年筆」の物語です。

30部限定
大きさ 文庫本のサイズのかわいい絵本です。

c0193528_6375468.jpg
 
by hontokami | 2011-08-10 06:38 | 私刊本 | Comments(0)

宮澤賢治 『海鳴り』

私の好きな賢治の詩を10篇 選んで
詩集を作ります。

ちょっと厚い紙を使いますので 大きさ15×21センチ 1折り8頁 全48頁
の詩集になります。
フォントは濃緑色にしてみました。

校正について
複数の人で、何度も何度も見直しても、さて印刷に入ると、必ずミスが見つかります。
今回も印刷に入った段階で2つ見つかりました。
まあ、これくらいは許されるかなと思いながら製本していくとかならず雑になります。
しらなければいいのですが、知ってしまうとダメです。前にもどって直したほうがいいですね。
もったいないけど。
c0193528_17221987.jpg

by hontokami | 2011-07-13 17:22 | 私刊本 | Comments(4)

思い出すことといったら些細な事ばかり