峠までまだまだ道のりがありますが、いったん歩き始めると、中央線の駅にたどり着くまで、否が応でも歩かざるをえないのです。



街道の石畳を歩く一見ロボコップ風の後ろ姿はぼくのカミさん。

c0193528_18510595.jpg



旧街道沿いの石仏群。地域で大切にされているようです。

c0193528_18515810.jpg



馬籠峠への中山道からの眺めです。
下の方の自動車道には雪が。正面の雷雲の中に恵那山があります。

c0193528_18523129.jpg


# by hontokami | 2018-01-17 18:52 | Comments(1)

遼平句帖8 ぬくい雨

ぬくい雨やっとひと息冬の樹々

c0193528_13160225.jpg







# by hontokami | 2018-01-17 12:21 | Comments(2)

信州伊那谷のすばらしい風景を紹介してくださっている水野昭さんの木版画です。
3月末には水野さんの道案内で、6人で飯田を訪ねる予定です。

c0193528_07582425.jpg


# by hontokami | 2018-01-16 22:52 | Comments(1)

オスロ・ノート

表紙の原案です。ご意見ありましたら、明日中に教えてください。コメントでもメールでもかまいません。
Osloの位置、馬の位置、下の日付の位置 中央に揃えてみましたがどうでしょうか?
9×18㎝ 里紙(100kg)3折り48pです。

c0193528_16384466.jpg




# by hontokami | 2018-01-16 16:38 | Comments(3)

すさぶ原これが枯野の音なりや

c0193528_14162459.jpg



# by hontokami | 2018-01-16 14:16 | Comments(3)

山の中の旧中山道を歩いていて、すれ違ったのは若い夫婦ずれひと組だけでした。
平日で雪のぱらつく寒い日に、歩いている方がおかしいかな?
そうかもしれない、朝の気温がマイナス2度だったからなー。
時折熊が出現するらしく、山の中のあちこちに熊脅しの小さな「鐘」があって、通るときに鳴らすようにと書いてありました。
急に恐ろしくなって、カミサンが怖がっていました。
JR浜松駅まで乗ってきた自転車の鍵に付いている小さな鈴を、思い切り鳴らしながら歩きました。



遠州秋葉山の名・秋葉大権現をこんな山の中で見つけました。

c0193528_11213027.jpg



近所の人が置いたものかな。他にも十個以上の空っぽの祠があったけれど
中身は不心得者に持ち去られたのだろうか。

c0193528_11221850.jpg



珍しい七体観音様の彫られた石像


c0193528_11225671.jpg

# by hontokami | 2018-01-16 11:10 | Comments(1)

道の駅で見つけた栗まんじゅう。おすすめ栗まんじゅうこれがあらたに加わった。

c0193528_06430081.jpg


# by hontokami | 2018-01-16 06:43 | Comments(2)

思い出すことといったら些細な事ばかり