水野昭 信州だより

信州、秋の始まりの景色です。

ソバ畑の白と稲の黄色が伊那谷に拡がっています。

c0193528_08443459.jpg


ソバ畑は初夏と秋に見ることが出来ます。

c0193528_08453467.jpg


# by hontokami | 2017-09-16 08:45 | Comments(1)

麻婆茄子

今年はいまだに茄子の収穫が続いています。
涼しくなってきたので、麻婆茄子です。(さなえ)


c0193528_18402141.jpg

# by hontokami | 2017-09-15 18:40 | Comments(2)

華麗なるサースポー

今日O塾は『豆』の製本でした。
神様のいたずら(校正ミスとも言う)が3ヶ所ありました。



c0193528_22283429.jpg


# by hontokami | 2017-09-14 22:29 | Comments(2)

ひびきみかさんの写真集


わたしの以下のような詩も載っています。
だから、注文してください(笑)

[だから……] 折金紀男


あわてて深呼吸の日曜日の雨の朝

傘も差さずにぼくたちは言葉少なに

寂しい街を通り過ぎていった

「海は身から川は皮から」行くんだよ。

ヨックモックの誕生日なんだってね

いつものように

よだれ垂らして鳩がなく

一向差し支えないのさ

だから、背を思いっきり丸めて

足の指10本の爪を切った。

見上げたもんだよ屋根屋の褌

おでんの串を空に刺してごらん

ほら、ソメチムスと言ってるだろう

あなたはもうとっくに来ていたのね

わたしはあなたとだれかさんの接続詞

だからとからだの隙間をくぐり抜け

有棘鉄線のようにだからを巻き付け

見えない団子坂を上っていく

だから清の墓は千駄木の養源寺にある

佐藤は不良だ

からだは丈夫だから

あなたを待っていた夏休み

ミズスマシの背に乗って

湖面を走り回っていた。

佐藤は不良だ

音楽室のピアノの黒鍵を白ペンキで塗りつぶした

そして傘も持たずに玄関に立っていた。

寂しい街を歩いた。

濡れた学生服が鎧のように重たかった

だからでもないけど、ぼくは佐藤がとても好きだ



# by hontokami | 2017-09-14 20:17 | Comments(6)

水野昭 信州だより

伊那谷では、そろそろ刈り入れの季節です。

伊那谷で見かけます。舗装道路の真ん中、なぜか等間隔に草が……

c0193528_07531426.jpg




# by hontokami | 2017-09-14 07:50 | Comments(1)

13日朝

いいことがあったらしい。いいことがあるらしい。
昨日、友だちがお花を持ってきてくれた。(さなえ)

c0193528_08201538.jpg




# by hontokami | 2017-09-13 07:59 | Comments(2)

思い出すことといったら些細な事ばかり