馬と妖怪のしおり 小野啓子

c0193528_07570577.jpg
この馬と妖怪のしおりはいいですね、「馬」って身近な存在ではないのです。
あこがれてはいるんですが、なんとなくそばにいくのが怖い存在です。
でもこの静かな馬は親しみを感じます。キャプションもいいですね。

昨夜ちょうど「しおり蒐集家」がでているTVを観ていました。その方が折金さんにそっくりなので思わず笑ってしまいました。
名古屋の方で元高校の先生というところもそっくり。神保町の書泉グランデでしおりだけほしいと言ったら、
本を書った人に差し上げていると答えていたのは「なるほど!」と合点しました。神保町にはしおりだけを売っている古書店があるんですね。
あそこには本に関するものなら何でも扱ってるんだと思いました。
海外旅行に行かれた方からのお土産にしおりをいただいたことを思いだして探したのですがみつかりません。何処へ行ったのやら。






名前
URL
削除用パスワード
by hontokami | 2018-07-25 10:19 | Comments(0)