『豆』3号を読んで(2) 吉田雅二

c0193528_05093484.jpg

手製本工房O塾機関紙「豆」を送っていただき、有難うございました。

先ず最初に、羽生クンの「迷句の世界」を読みました。軽妙なタッチで書かれているので、楽な気持で読みました。
俳句の世界へ入った経緯がよくわかりました。やはり女性が多いのですね。さぞかしにぎやかな句会になることでしょう。
2つの句会に入って、しかもそのうちの1つは会長という名の世話役のようで、お忙しい様子が想像できました。
題字の「豆」も見事ですね。楽しくなる字です。手持ちの本「五体字類」で確認しました。
(私は気をひかれた字に会うと、辞書などで確認するのがクセです。
そばで家内が曰く「アンタは疑い深い」・・・・・・ああそうか、そういうことか、という新たに知る喜びなんですが。・・・・・・・)

お会いしたことはありませんが、お名前を知っている折金先生の「箱根細工の小箱」、創作なのでしょうか。
文章が平易できれい、登場人物の気持も行間に溢れています。さすがは国語の先生だと思いました。

瀬下洋子さんの「続・神保町物語」は伯母から聞いた話しとはいえ、昔の様子が詳細に書かれています。
正月に新しい肌着を身につけることは、私の幼い頃と同じです。
東京と田舎の違いはありますが、年末年始の様子を興味深く読みました。

そのほかの方の文章、表現もなかなかのものですね。

文学を志す方々が同人誌を作って、互いに切磋琢磨することを聞いております。「豆」もそういうものなのですか?。

折金先生の手製本を、聞いてはおりましたが、手にしたのは初めてです。手書きではなくパソコンでキーをたたいたのでしょうか。
6ページ分(8枚の紙)を糸とじし、何部かをまとめて表裏の表紙を背で糊付けしたのでしょうか、よく出来ています。
ミミを裁断機にかけていないようで、これがまた手作りのよさですね。
市販の本とは違いますね。大事にとっておきます。                                                        
                                                  吉田 雅二


by hontokami | 2018-08-09 20:27