瀨下洋子 なんちゃって活版印刷

「秋のO塾展」より

タイトルに印刷された文字の上をそ~っと撫でる。微かな凹凸を指先が感じる。
それは15世紀初頭、金属活字のことばをつないで文章をつくり、インクを乗せ印刷機にセットし、
巨大な木のねじのハンドルをまわしたの男の夢に重なった。

(左の表紙は彼=グーテンベルクが捏ねた群青インクのよう)
c0193528_10282913.jpg

Commented by 小野 at 2018-09-05 17:24 x
エッ!活版印刷? いつの間に?
Commented by せしも at 2018-09-05 23:52 x
ふぉっふぉっふぉっ。
大人の科学という雑誌の付録でミニ活版印刷機がついていたのです。組み立てること1時間半。なんちゃってですが、ちゃんと印刷できました。活字に漢字はありませんが、絵の具は好きな手持ちのものを使えます。3700円くらいでした(*^▽^*)。
名前
URL
削除用パスワード
by hontokami | 2018-09-05 10:29 | Comments(2)