A6判ノート 20折

これだけ厚くなると、綴じるだけで2時間はかかる。
綴じ終わったら、背を手機械で固定して、ボンドを塗って背を固定する。


c0193528_14135736.jpg


# by hontokami | 2018-12-15 14:14 | Comments(0)

初蹴りの案内

OB「もう蹴らなくていいですから」
僕 「当たり前だ」
OB「豚汁だけでも食べに来てください」
僕 「でも、1回だけボールに触らせてくれないかな」
OB「そうなると、救急車と看護士さんにも来ていただくことになるので」
僕 「じゃあ、欠席する」
OB「それならせめて会費だけでも送ってください」


c0193528_12090419.jpg

# by hontokami | 2018-12-15 12:10 | Comments(0)

A6判革表紙のノートたち

まとめて巣立っていった。
やっと使ってもらえる。


c0193528_08564520.jpg

 

# by hontokami | 2018-12-15 08:56 | Comments(0)

巌邑堂の巌千鳥

ひよこ豆の「六和敬」を味わいながら、「巌千鳥」をうっとりと眺めている。
この形って見事だよね。これ以上でもこれ以下でもない。

若い友人からサプライが舞い込んできた。正月には神社をいくつか廻らなくていけないかな。

c0193528_08450132.jpg


# by hontokami | 2018-12-15 08:45 | Comments(0)

自由制作

今から3年前の今日。自由に作ってみましょう、ということで弾けた作品群。
本当に自由に作っています。


c0193528_18135450.jpg


以下ひとりひとりの作品紹介は More へ
  ↓


More
# by hontokami | 2018-12-14 19:30 | Comments(0)

日記帳

今年も『吾輩の手帖』が無事皆さんの手元に渡って、手帖作りの作業も終わった。
最後は計算しなかったが150冊は確実に超えた。O塾という小さな工房から発信した
手帖がこんなにたくさんの人に使ってくださるというのは感激です。
『吾輩の手帖』を使ってくださる方にとって来年も良い年であることを願っています。

ところで湖西市に住んでいる方からこんな大正時代の日記帳を見せてもらった。押し入れの奥にあったという。
開く前に、文章が書いてあるのかと期待したが、毎日の現金出納帳だった。
でも、考えてみるとこれも日記帳なんだ。
お寺へのお布施、散髪代、子どもへの小遣い。母親への送金、ノート代、キャラメル代、
酒代、下駄代……、ひとつひとつ拾い上げていくと、その家の暮らしぶりが浮かび上がってくるようだ。
個人の感想や思いなんていらない。小さな事実を丹念に記録していけばいいのだ。そういう日記帳もある。


c0193528_10073160.jpg



# by hontokami | 2018-12-14 10:07 | Comments(0)

自分用の画集なので、表紙に十路の版画を貼っただけ。
本文が重たいので表紙は明るい麻布にした。


c0193528_13022556.jpg



c0193528_13025699.jpg


c0193528_13031885.jpg


# by hontokami | 2018-12-13 13:04 | Comments(4)