<   2012年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

浜松特別支援学校城北分校の皆さんが作った
印刷加工、金属加工の製品を販売します。

印刷加工班の作品
豆本仕立てのカード立て、メモ帳、一筆箋、ブックカバー各種 1折り中綴じノート
和綴じノート、などなど独創性豊かな品揃えです

c0193528_17203472.jpg

by hontokami | 2012-02-29 17:20 | Comments(0)

手帖カバー

2月28日(火) 今日はある高校の卒業文集のお手伝い。
          久しぶりに高校生との触れあいは新鮮そのものでした。

これは展示会後の初仕事です。

手製本仲間のなかには
5年間、文庫本用のブックカバーしか作らない方がいます。
その方の作品には、手慣れた作業から生まれたしなやかさがあります。
とても使い心地がいいのです。
c0193528_21205968.jpg

by hontokami | 2012-02-28 21:21 | Comments(0)

無事終了しました。
多くの方にご来場いただき感謝しております。
また来年2月に新しいテーマで開催したいと思っております。

by hontokami | 2012-02-26 19:35 | 賢治のぬくもり展 | Comments(0)

あと1日になりました。

展示場に来てくれた友人と話しているときに
店長がきて、「今回もたくさんの方にきていただいて、売り上げも結構あったので
大成功でした」と言ってくれた。
なにかしっくりいかないものが胸の奥につかえている。

「大勢の方がきてくれたから成功なのかな」
「うれしいことじゃないか。成功だよ」
「結果がよければいいのかな。テレビの視聴率がいいのが必ずしも良い番組とはいえないじゃないか」
「それはそうだけど」

「だからさ、展示会で自分がねらっていたことが少しでも表現できたということと、
それがたくさん来ていただけたということとは必ずしも結びつかないような気がする。
今回は特にそんな気がしているんだ」

「それはないものねだりというものさ。こうして無料で展示の場所を提供してくれるだけでもありがたいと
思わなくては。俺なんか1週間の展示のために3,40万円は出費しているよ」
「そうだよな~。自分の好きなことを自由に表現できる場を与えてくれる。それだけで大成功と
言うべきだな。 見に来てくれた方がどう受け止めてくださるかは、俺の心配することではないんだ」

あしたの3時から撤収に取りかかります
c0193528_17534040.jpg

by hontokami | 2012-02-25 17:49 | Comments(0)

c0193528_1555857.jpg
さきほど展示場の花の水遣りに行ってきました。
展示販売の私刊本が
だいぶ残り少なくなってきました。
しかしながらあと4日では補充も無理ですので、
「売り切れゴメン」ということにさせてもらいます。
お買いあげくださったみなさんの思いは
必ず被災地にお届けします。
ありがとうございます。
なおメールでご注文いただいた方には
展示会後に作ってお送りします。
by hontokami | 2012-02-23 15:02 | 賢治のぬくもり展 | Comments(0)

あと4日となりました。

うれしいご感想、直言をいただいております。
これからの参考にしていきたいと思っております。

今回はめずらしく「宮澤賢治」というテーマを設けましたが
それ以上のしばりはありませんでした。グループのみなさんの
自由な想いを出していただけたのではないかと思っています。

それぞれの個性の吐露が 全体としてよきハーモニーを奏でる
というところまで至っているかというと自信はありません。
なんだか狭いスペースで犇めきあって、雑然としている
というご批判もいただいています。

あまり制約を設けないで自由に制作してもらう、その結果全体としてのまとまりがないと
ということもグループ展の一つのありかたではないかと思っています。
そこが個展とちがうところでもあり、個展にはないグループ展の喜びがあると感じています。

私個人としては、今回のグループ展であたらしい作家さんたちと触れあい、強烈な刺激を
受けたことが最大の喜びでした。





    
    
   

    
by hontokami | 2012-02-23 08:45 | 賢治のぬくもり展 | Comments(0)

c0193528_17482345.jpg
本文の印字・印刷はパソコン、製本は手製本でという私にはいつも手元においてその都度
確認している便利な手引き書。

本の条件というところで著者は
手仕事で本を作るときに、既成概念から一度は自由になる必要がある
という。
c0193528_1749438.jpg

末綴じ、アンカットの状態で入手したので、そのままでは不便、本文を糸綴じにした。
自分が普段使いするなら、それ以上の手をほどこす必要があるのか、とふと思った。
見返しとか表紙などはいらないのではないか。
ハードカバーなどにしたら、開きがある程度悪くなる。
そこで背の部分に寒冷紗をほどこして、あとはそのままにした。
とても使いやすく愛着きわまりない本となっている。
これぞ
「羊飼いのノート」なのかな。
by hontokami | 2012-02-22 18:10 | Comments(0)

糸綴じの効用

糸綴じだと本のコピーがしやすいそうだ。

冗談じゃねえよ。

糊綴じの本の、のどの部分をバッサリ裁断するための裁断機が売れてるそうだ。

世も末だ!
by hontokami | 2012-02-21 21:32 | Comments(0)

お知らせ

「賢治のぬくもり展」もあと1週間となりました。

堀井博史さんのポストカードを新たに展示販売しております。

『銀河鉄道の夜』、『賢治のことば』は2回目の増刷も品切れとなりました。
至急3刷めを作っています。23日には出来上がると思います。

by hontokami | 2012-02-19 16:51 | 賢治のぬくもり展 | Comments(0)

毎日多くの方に来て頂いて感謝しております。

c0193528_13405968.jpg

by hontokami | 2012-02-17 13:41 | 賢治のぬくもり展 | Comments(0)